home

不動産売却の方法

不動産売却の方法として選んだのは、仲介での方法でした。

プロに依頼をすることで、広告や流通ネットワークを使い、理想の購入者を探してくれるので、お任せできるのが良かったです。

買主と売主との間に入って、スムーズに契約を成立させてくれるのですから、利用をする立場としては大変助かります。

素人がどんなに頑張ったところで、交渉などの詳しことは、わからないことだらけです。

プロが間に入ることで、一気にことはスムーズに運びやすくなります。

間に会社が入りますので、その分の手数料も発生をすることになります。

売買ですので、成約価格に税別で3%をかけた金額が、手数料の上限価格になります。

だから製薬の金額により、手数料の数字は変わるということです。

宅建業法がありますので、手数料の上限額には決まりがあります。

法律では手数料の上限金額だけ決めているので、手数料の値引き交渉をすることもできます。

でも色々とやってくれるのも、間に入る会社の担当でもあるので、出来る範囲で値引きを相談してみるくらいがいいでしょう。

その時には、ほかの会社にも相談をしていることを、上手にほのめかすのがコツですしそれで少し安くしてもらいました。

やはり担当も、ほかの会社にはお客を取られたくはないわけです。

実は仲介手数料を無料にしている会社も出てきているので、業者によっては手数料無料というパターンもあります。

業者が2社のケースなどでは、無料になることもあります。